Copyright © 2017 eggmagic Corporation. All Rights Reserved.

演技ワークショップ

September 9, 2018

9月5日、水曜日宮野監督の演技レッスンがありました。

 

今回は台本を読み、登場人物がどこでどういう心情だったのか、どう

 

心が動いたのかについてみんなで意見を出し合いました。

 

台本から何を読み取るかは演者一人一人の感受性によるものです。

 

その人が今までの人生で体験した感情からその場面に会う物を抽出す

 

ることになり台本に明示されていない事柄、たとえばその場面にいた

 

るまでにこの人はどんな体験をしていたのだろうか、どういう意味合

 

いでこの発言をしたのか。そもそも全体のストーリーの中でこの場面

 

はどういった意味合いをもつのかを考えていくことになります。

 

もちろんその答えは演者一人一人違ってきます。一人一人が自分の中

 

でのストーリー、人物へのイメージを一貫して定義づけしてそれを表

 

現する。

 

それにより表現に説得力が出るのです。

 

日頃から感受性を磨くこと、考えることを意識しましょう。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload